» ブログ

  • シーズンスタッフブログ
  • シーズンfacebook
  • シーズン instagram
2016年4月19日

湿度何パーセントで結露するの?

「冬の室内は、どうして乾燥するの?」

というブログを以前書きましたが、

今日は、どれくらい加湿したら結露するのか?という話です。

加湿器を稼働させて、20℃の室内を60%に加湿したとすると、

その空気の絶対湿度は、9g/kg位になります。

この空気は、表面温度が12℃程度のものに触れると相対湿度100%になるので、水蒸気が水に戻る、すなわち結露するという事になります。

現在使われているペアガラスのサッシは、計算上、外気温がマイナス20℃の時、ほぼ表面温度が12℃程度に下がってしまいますので、結露の可能性が出てきます。

加湿は50パーセントまでにとどめておくのが良いと思います。

ただ、外壁に面したクローゼットなどに、衣類をぎゅうぎゅうに詰めておくと、空気が流れず結露が起きていることもあるので、加湿をするときは、気を付けてくださいね。

画像は、冬に撮影したわが家の愛犬イアンです。

雪はなくなりましたが、インフルエンザが流行っているようですので、体調にお気を付け下さい。

写真 2016-02-03 10 16 54s.jpg

株式会社シーズン

トップへ戻る
TOP